むくみ解消の森  むくみんのスッキリボディを目指して!
むくみ解消の森
ミネラルバランス

ミネラルバランス  A>B(BよりAが多い場合)A<B(BよりえAが少ない場合)


ナトリウム(Na)>カリウム(K)
気管支ゼンソク、ネフローゼ、疲れやすくなり、筋肉が弱くなる、高血圧
ナトリウム(Na)<カリウム(K)
副腎機能不全


カリウム(K)>鉄(Fe)
貧血症(鉄が不足するために起こる)
カリウム(K)<鉄(Fe
筋肉疲労


カルシウム(Ca)>マグネシウム(Mg)
神経症、過敏症、動脈硬化、甲状腺機能低下、関節症、糖尿病、精神障害など
カルシウム(Ca)<マグネシウム(Mg)
筋肉のケイレン、疲労、衰弱、ビタミンD不足、消化不良、骨粗鬆症など


カルシウム(Ca)>鉄(Fe)
貧血(特にカルシウムをとりすぎ、鉄分が不足するために起こる)
カルシウム(Ca)<鉄(Fe
鉄分が多くなると有毒


カルシウム(Ca)>銅(Cu)
貧血、関節症(特に銅が少ない場合に起こる)
カルシウム(Ca)<銅(Cu)
神経症、変形性障害との関係もある


カルシウム(Ca)>亜鉛(Zn)
動脈硬化、糖尿病、前立腺炎、不妊症、インポテンツ、つめに白いスポットができたり、膿炎症が治りにくくなることも
カルシウム(Ca)<亜鉛(Zn)
骨粗鬆症、ビタミンD不足(食事で亜鉛分をとりすぎたり、亜鉛を多く含むシャンプー液をふんだんに使用するときなどに起こる)


カルシウム(Ca)>リン(P)
※いくらカルシウムの多い食品をとっていても、カルシウムとリンの比を1:1くらいの割合でとることと、マグネシウムの多い食品やビタミンDをとらなければ、カルシウムは体内に吸収されにくく、骨に定着しません
カルシウム(Ca)<リン(P)
骨や歯がもろくなる、動脈硬化、副甲状腺ホルモンこう進症


鉄(Fe)>銅(Cu)
貧血症(銅が不足するために起こる)、血鉄症(赤血球が破壊してヘモジデリン=血鉄素が組織内に沈着する症状)
鉄(Fe)<銅(Cu)
貧血症(鉄分が不足するために起こる)、栄養吸収障害、精神障害(ピルを服用している人や女性ホルモンによる治療を受けている患者に多い)


銅(Cu):モリブデン(Mo)
銅とモリブデンは拮抗する。


亜鉛(Zn)<クロム(Cr)
呼吸器疾患、特にアレルギー性ゼンソクと関係がある


亜鉛(Zn)>マンガン(Mn)
低血糖症、糖尿病
亜鉛(Zn)<マンガン(Mn)
動脈硬化、糖尿病、不妊症、インポテンツ、前立腺肥大


亜鉛(Zn)>鉄(Fe)
貧血症(鉄分が不足するために引き起こされる)、栄養吸収障害
亜鉛(Zn)<鉄(Fe)
指のつめに白い点ができたり、傷口がなかなか治らなくなる


亜鉛(Zn)>銅(Cu)
貧血症(銅が不足するか亜鉛をとりすぎるために起こる)、また亜鉛をとりすぎると有毒
亜鉛(Zn)>銅(Cu)
変形性履椎症、変形性腰関節症、動脈硬化、低血糖症、糖尿病、精神障害、不妊症、前立腺肥大、傷口が治りにくく、味覚のマヒ


亜鉛(Zn):セレン(Se)
セレンは亜鉛と拮抗する


亜鉛(Zn)<カドミウム(Cd)
緊張性高血圧、肺気腫


セレン(Se)>水銀(Hg)
※セレンは、水銀、カドミウムなど有毒金属による細胞膜破壊を防ぐ
セレン(Se)<水銀(Hg)
ガン、心臓病の発生率が高くなる


リン(P)>アルミニウム(Al)
腎栓、高リン血症
リン(P)<アルミニウム(Al)
アルミニウム腫症状、血中アルミニウムが腎に沈着、腎性骨異栄養症


カルシウム(Ca)<鉛(Pb)
吐き気、めまい、関節症、知能低下(鉛が多いとき)


亜鉛(Zn):鉛(Pb)
亜鉛と鉛は拮抗する